トップ↑

生活習慣を見直すと美肌に

肌トラブルの原因はこれだったの!?

 

肌トラブルを起こす原因はたくさんありますが、その原因は実は毛にも影響があるのです。まず、肌トラブルの主な原因は確認してみましょう。


タバコ

百害あって一利なし!タバコの成分のニコチンが血管の収縮を高めるので、血管が細くなり血液の流れが悪くなり毛周期に乱れて脱毛効果が得にくくなります。

 

飲酒

飲み過ぎると血管の収縮が激しくなり、血液の流れが悪くなるとともに、お酒を上手く分解できずに血液が汚れ、栄養が身体に行きわたらなくなる。結果、毛周期がずれてしまいます。

 

メイクをしたまま寝る

毛穴や肌表面に汚れや油分が貯まったままだと、新陳代謝が正常に行わられず、肌のターンオーバーが上手くいかないので、汚れがいつまでも顔に残ってくすんだ顔になってしまいます。その毛穴から炎症が起きてしまうこともあります。

 

紫外線

シミ、シワ、たるみ、などの肌トラブルが発生します。そして紫外線はうるおい成分を分解してしまうので、乾燥した肌になってしまいます。

 

ストレス

新陳代謝が悪くなる。ニキビ・敏感肌などの肌トラブルが起きます。

 

不規則な生活

新陳代謝が低下するので、皮膚や毛の生まれ変わりが上手くいかなくなります。

 

W洗顔をしない(メイク落とし、洗顔)

毛穴から水分などが入っていくので、汚れが残っていると水分が入っていかず乾燥肌になり、毛穴に溜まった汚れが炎症などを起こす。

 

偏食

必要な栄養素を補いきれないので、新陳代謝の低下、血液の流れが悪くなる、肌荒れを引き起こします。

 

肌トラブルを減らすには無理はしないこと

これらの生活習慣をずっと続けていると、身体はもちろんのことですが、毛にまで影響を及ぼしているので、せっかく全身脱毛を始めても、思い通りにキレイにならなかったり、毛がなくなっても肌がボロボロで残念肌になることもあり得ますので、気を付けるに越したことはありません。

 

ですが、いきなりすべてを変えるのは大変ですし、それがかえってストレスになる場合もありますので、出来るところから改善していくといいでしょう。