トップ↑

オス化はあなたを毛深くさせている

近年、女性がオス化しているなんて言葉を耳にしますよね。女性が社会で働くようになり、行動や容姿が男っぽくなってきて、中には体毛が濃くなったり、濃いヒゲに悩むヒゲ女(ヒゲ女子)が急増しているそうです。

 

まずは、女性がオス化してしまう危ない習慣をチェックしてみましょう。自分ももしかしたら”オス化”一歩手前かもしれませんよ?

 

オス化になる一歩手前かも?!

 

働き過ぎている

人と競争することが増えることで常に興奮状態となり、男性ホルモンが活性化する。また責任などからストレスがたまり自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れる。

 

肉食に偏っている

肉中心の食生活は男性ホルモンを増加させ、毛周期が乱れオス化に近づく可能性があります。

肉類を中心にとると男性ホルモンが増加します。また肉類は毒素である「過酸化脂質」など分泌するので、その毒素排出を活発にするために、毛穴が開き体毛が濃くなると言われています。野菜や魚も取りれた食生活を意識しましょう。

 

夜遅くまで起きている

男性ホルモンの分泌が最も活発になるのは深夜ですので、この時間に寝ることで、女性らしさに必要なエストロゲンが分泌され、肌のハリ・ツヤの維持などを担ってします。いわゆるゴールデンタイム(10時〜2時)に睡眠を取っていない人は注意!

 

男性とのスキンシップが少ない

datumou

女性は恋をしていると、女性ホルモンの分泌が促進されます。たとえ恋人がいなくても町中で素敵な人を見つけてみたり、映画や読書や漫画などで、ときめきを感じてみるのもいいでしょう。

 

お酒をたくさん飲む

男性ホルモンえある「テストステロン」が、アルコールを摂取することで過剰に分泌されてしまい、女性ホルモンのバランスを乱す原因となりますので、飲酒はほどほどにしましょう。

 

身体が冷えている

ホルモンバランスが崩れると身体が冷えてきます。暖かい服装をしたり、温かい食べ物や飲み物を積極的に摂るようにして、ホルモンバランスの乱れを正しましょう。
オス化してしまう原因は主にホルモンバランスの乱れによるものが大きいです。人には男性ホルモンと女性ホルモンのどちらもありますが、そのバランスが崩れると、オス化になってしまう要因の一つです。

 

せっかく女性に生まれたので、少しでも綺麗な肌でいれると嬉しいですよね。女性ホルモンは行動だけじゃなく、食べるものによっても増えることもあるので、ぜひ「私、オス化してるかも?!」と思ったら、今の生活習慣を少し見直すと良くなるかもしれません。